閲覧数ランキング

久しぶりの旅行で羽目を外しました

年に何度もはなかなか行けませんが長い休みをもらって旅行に行くのは私にとって最高のリフレッシュです。行き先はその時によって変わりますがアトラクションやイベントなどに参加するよりも温泉に入ってのんびりする方が私は好きです。日頃疲れているので癒しを求めているのかもしれません…

一番の快感を味わえます

一番の快感を味わいたいというような人は風俗では自分としては渋谷のイメクラを利用すれば良いと思います。というのがここで働いている女の子はどうやったら男が感じるのかを限界まで突き詰めているタイプが多く、とにかく考えられないくらいにテクニシャンが多いんですよ。今回の自分の相…

迷っているのも楽しいものですしね

風俗ではスタイル重視で女の子と遊んでいます。スタイルが良いというか、綺麗だなって思うスタイルの風俗嬢と遊んでいると自分も嬉しい気持ちになりますし、川崎のイメクラで遊んで良かったなって気持ちになるんです。だた、「スタイル」とは別に胸だけを指している言葉じゃないんです。ど…

きっといい体験ができます

品川ではきっといい体験をすることができるという感じの風俗ですので自分としては今回のソープランドは本当にオススメができます。やばい時間をしっかりと一つ一つ使えるように気を配っていやらしいことをしてくれるのですが、この女の子は年齢が若くてかなりいやらしいと思える内容のテク…

ウィークリーマンションの不思議な空間を楽しんだ

五反田ではホテルで遊ぶことが多いんです。とりあえず電話してホテルまで行って…が自分の一般的なスタイルなんですけど、この前ウィークリーマンションで遊んじゃいました(笑)仕事柄、たまに五反田でウィークリーマンションを借りるんですよ。ウィークリーマンションとかマンスリーマン…

風俗の王様・ソープに大感激!

【念願のソープを初体験】

俺の地元には、店舗型ヘルスやデリヘル、ピンサロといった業種の風俗店が数店舗あった。「年齢=彼女いない歴」な俺は時々溜まった性欲を、数店舗しかない地元の風俗店を利用することで解消していたのである。最初はそれで満足していたのだが、10年近く地元の風俗店を利用し続ければ、だんだんと新鮮味もなくなっていきマンネリ化してしまうもの。もう少し違った刺激が欲しくなってきてしまったのだ。そんな時に、仕事の関係で東京に2泊3日で出張に行くことが決まった。ちょうど今回の仕事先が、日本有数の歓楽街として有名な場所とのこと。これは新たな刺激を得られるチャンスだと、東京への出張を心から喜んだ。そしていよいよ東京への出張当日。仕事を終えた俺は、とある場所へと向かった。妖しげな雰囲気が漂う歓楽街。その中にひっそりと佇むソープランドA店に、人目を気にするようにきょろきょろと周りを見渡しながら入店していく。A店は「格安店」「大衆店」「中級店」「高級店」と分けられている中の「高級店」に該当するだろう。事前に電話で予約をしておいたため、受付はとてもスムーズにいった。先に受付で入浴料の3万円を支払い、残りのサービス料に関しては「あとで女の子にこれだけ支払ってくださいね」と指示を受ける。それから指名した女の子を待つべく、待機室で待機。いつになく俺の心臓はドキドキしていた。どうしてせっかくの東京出張で、ソープを利用しようと思ったか。それは、ソープが「風俗の王様」と呼ばれているからだ。俺の地元にソープがなかったために利用したことがなかったことも今回選んだ理由の1つだが、それ以上に、風俗の中で最も過激なプレイサービスを行っているというところに惹かれてしまったのである。俺は、新たな刺激を得るために、念願のソープをこれから初体験するのだ。

巨乳は巨乳でもいろんなジャンルのおっぱいがありますよね。この川崎のソープは多種多様なぽっちゃり女子が勢揃いしていますので、きっと貴方の願望が叶うはず。川崎ソープの巨乳ぽっちゃり風俗【美巨乳ソープ 愛】

【嬢に身を任せながら絶頂へ】

ようやく女の子と対面の瞬間。激しく鼓動が脈を打っている。「はじめまして、よろしくお願いします」そこにいたのは、茶髪セミロングの小柄なNちゃん。写真ともほぼ相違がないし、笑顔がとてもかわいらしく、第一印象はかなり良い。まずはベッドに腰かけ、軽い会話を楽しんでいるとNちゃんから突然のディープキス。大胆に舌を入れられてねっとりと絡められていく。キスを繰り返しながら徐々に服を脱がされていき、あっという間に全裸になってしまった。唇から鼻、耳、首、乳首、お腹へと舌を滑らせていくNちゃんの舌遣いが、どうしようもなくエロくてだんだん息が荒くなっていく。すると、触られてもいないのにすでにビンビンになっていたムスコをフェラしてくれるNちゃん。ディープキスからの即尺。しょっぱなからこの勢い…恐るべしソープ嬢!しかもかなりフェラが上手く、ジュポジュポといういやらしい音を立てながら激しく舐め回してくれるので、情けないがもうイッてしまいそうだ。「あ、イク!」我慢しきれず、あっけなくNちゃんの口の中に発射。自分でもビックリするくらい、これまでの風俗体験の中でも早い発射だったと思う。しかしNちゃんはいやな顔1つせず、最後の1滴まで搾り取るように舐めてくれた。「じゃ、次は体洗いましょうか」Nちゃんの言葉と共に、ようやく風呂場へ。スケベ椅子に座り、体を密着させながらNちゃんに体(主に下半身)を洗ってもらうが、やはり気持ちがいい。その後、Nちゃんと対面形式で浴槽に入り、ソープならではの潜望鏡プレイ。とにかくNちゃんの、ねっとりとした舌遣いがあまりにも気持ちよくて、ここでも再びイッてしまいそうになった。さすが風俗の王様と呼ばれるソープだけあって、在籍する女の子のテクニックのすごさにただただ驚かされてしまう。硬くなったムスコから唇を離したNちゃんが、いやらしく笑った。その笑顔に思わずドキリとする。「ちょっと上に乗っていいですか?」と言われ、されるがままになっている俺の上に乗ってくるNちゃん。ちょうどムスコが、Nちゃんのアソコに当たって気持ちがいい。「じゃあ、もっと気持ちよくなりましょうか?」そんな悪魔の囁きが、耳に響いた。まさかそのお誘いは…。その後は想像に任せるが、これまでの風俗では体験できなかったようなプレイができたことは確かである。あまりの気持ちよさに、何発もしてしまうほどだった。プレイ終了後にNちゃんにサービス料を支払ったが、全然高いとは思えないほどの満足感。とことんソープの魅力を体感することができた東京出張であった。